ひとりナイトウォーク

茨木市駅を出るのが遅くなってしまい、
おまけに阪急京都線の信号故障でダイヤが大幅に乱れている。

淡路乗り換えで
なんとか地下鉄堺筋線の最終に間に合う。

梅田から谷町線に間に合わないか
深夜バスはないか
新今宮0:30に間に合えばJRで平野まで行ける・・・

乗り換えアプリ全力で検索するも
どう考えても自宅最寄り駅には間に合わない。

とりあえず事務所に戻ろう・・・
堺筋本町を目指すことにした。

「谷町線始発5:25まで時間があるから」

0時14分、堺筋本町着。
交差点角のすき家で夜食。

『すき家レディオ、高森浩二です』

鎌ヶ谷でドライブがてらの夜食以来だな。と、深夜に牛あいがけカレー。
腹いっぱいで本町橋を渡り、セブンイレブンで珈琲と封筒を買う。

袋をぶら下げて事務所へ・・・?

北側も南側も鉄の扉で封鎖されている。
・・・通用口も?鍵がかかって入れない。

この時間守衛室が仮眠をとっていることだけは知っていた。

事務所に戻れないことが確定した。

『タクシーで帰りなさい!』
天の声に怒られる。

「わかった。谷四で乗るから」

とりあえず谷町筋へ向かう。
時刻は午前1時。

この時間で天王寺から2割増タクシーで6,000円かかることも知っている。

勿体ない。
せめて少しでも歩こう。谷六で乗ろう。

堺筋本町から谷町四丁目まで1km。

谷町筋を南に谷六。
空車のタクシーが頻繁に行き交っている。

「せっかくだから上本町まで行こう・・・」

スタートから3.3kmで近鉄上本町。
今朝、金光八尾の学校説明会で来た場所だ。

上町筋は一気に車が減る。

「天王寺まで歩こうか・・・」

四天王寺の東側を通り、興国高校の脇を過ぎる。
簿記で来た場所だな・・・

上町筋が東にカーブする。
なるほど、このまま天王寺に行くには、遠回りしないといけない。

「寺田町に出よう。そこでタクシー乗ろう」

寺田町に到着。
(起点から5.6km)

駅前のマクドナルドは開いているが、
停車中のタクシーはない。

そうか。
もう少し歩こうか。歩きながらタクシーつかまえよう。

寺田町のガードを越えると
一気に街の雰囲気が変わる。「街=city」が「町=town」に変わるのだ。

生野の味のある商店街入口を横目に・・・

午前2時過ぎ、都心部から郊外へ客を送り届けたタクシーが
再び都心部に戻ってくる時間だ。

反対車線にタクシーが頻繁に走ってくる。

奈良街道を
そのまま東部市場前駅に来てしまった。(7.2km)

汗だくになりながら、
とにかくそろそろタクシーつかまえねば大変なことになる・・・

焦ってきた。

しかし一方で、
ここまで来てタクシーに乗るのも悔しい気がしてきた。

今里筋を南下。
反対車線を進んでくるタクシーはちょうちんを点灯しているものの
プレートを「予約車」にしている場合が多い。

確かに、こんなところで乗ってくる客は相手にしたくないだろうな・・・
あと、この時間に新しい客を乗せるより、郊外までひとっ走りしたのだから
回送して終業まで時間をつぶした方が得策なのだろう。

途中、タクシーが目の前のガレージに入っていった。
コンビニの隣の1台だけしか入れない洗車場。

スタッフ4人総出で入ってきた車を洗う。
降りてきたドライバーが汗をふきながら洗車の様子を見つめている。

こういう夜の商売が突然現れるのが都会だな・・・。
しばらく過ごした千葉の田舎ではまず見られない光景。

だんだん足が痛くなってきた。
ワイシャツに革靴。そりゃ痛い。

すれ違うタクシー、追い越していくタクシーを都度じっと見つめるようになる。
しかし変な意地の方が上回る。

南港通まで来た。
平野区役所を目指す。なんとなく地理がわかってきた。(10km)

地下鉄平野の交差点を右折し、阪神高速松原線の高架下。
この時間、さすがにやや怖い。

しかし、普段地下鉄で居眠りしたりスマホを見ながら過ごしているのも、
実はとてもありがたいことである。

歩いてその有難さをかみしめる。

左足の魚の目が痛い。
革靴のきつさが余計に足を締めつける。

やっと喜連瓜破だ。(11.5km)
自販機のクリームソーダが無性に飲みたくなった。

このエリアの自販機は100円が多い。
80円自販機もある。

西成エリアも低価格自販機が多いが
自分の住むエリアも低価格自販機のエリアなことに今更気づく。

「この一歩を踏み出し続ければ、必ず目的地に着く。根気だ、根気」

「負けない気持ちって大事だよな」

そんなことを考えながら
100円で買ったクリームソーダがやたらと美味い。

「世界一美味いクリームソーダだな」

長居公園通を経由し、マンションへ到着。
時刻は午前3時半、堺筋本町を出て13km。

まあ、
東京の深川から鎌ヶ谷まで歩いたこともあるし、
新宿から小平霊園まで歩いたこともあるし、
13kmは屁でもないはずの距離だが

なんとなく充実した夜であった。
(おかげさまで翌朝の学校説明会は欠席となった 笑)